子供は宝物 難病の子を持つ母

アクセスカウンタ

zoom RSS 一心同体☆

<<   作成日時 : 2009/11/22 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

最近になって、私と息子は一心同体かも?。。。と思うようになりました。

いつものように朝学校に行った時。。。。

担任の先生「介助の先生、この前息子君をおんぶして下ろした時に2人で尻もち付いちゃったのよ〜」

私 「え〜〜〜!」

怪我もなく笑っちゃうような尻もちだったようですが、ちょっとした事が怖いので私流のおんぶと下ろし方をヒローしました。

私がおんぶから下ろす時、息子の体を私の右側(背中)に寄せます。そして右手で息子のお尻と太ももあたりに手を置き、そっと床に足をおろし、息子の立っている状況を確認しつつ、ゆっくり手を離します。

担任の先生は感動していました。

私が当たり前のようにしている息子への手助けは他人には分かる訳もない事でした。

転びそうな予感があるときは、息子と私は腕を組んで手を繋ぎ、息子のわきの下をしっかり持ちます。

今では手を繋いで歩く時の歩幅や1歩1歩の右・左・右・左も合わせると転びにくいです。

息子に付く介助の先生は細かい1つ1つの理解が必要なのだと感じました。

もうすぐ今、木金で来ている介助の先生がいなくなります。

これからいったいどうなるんだろう。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
細かく説明しながらお願いしていくしかないですよね。
一番詳しいのはやはり母親。
詳しい人からのアドバイスは、先生方にも勉強になって良いと思いますよ♪
向上心のある先生にお世話になりたいですね。
若葉はる
2009/11/23 13:16
若葉はるちゃん
ここにきて細かな説明が大事な事に気付きました。
来月には介助の先生がいなくなってしまうので担任に話して行こうと思います
明日は女子医大へ行ってきます〜〜
ぽっちゃりママ
2009/11/23 21:28
介助の先生は どうして毎日来れないのですか?
素朴な疑問...
ちゅび
2009/11/25 13:34
ちゅびさん
介助の先生がなかなか見つからないんですよ
介助と言ってもまだ見守りが多く必要性が・・・
車いすになれば見つけやすいかもしれませんが、日本では難しいです
ぽっちゃりママ
2009/11/25 17:52
そうなんですね...
難しいんですね...
次の介助の先生が早く見つかること祈ってます。
ちゅび
2009/11/26 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
結婚レシピ
一心同体☆ 子供は宝物 難病の子を持つ母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる